JKブランド愛用者の声

10年後には黒歴史

余計なお世話

仲良い友達2人とも彼氏持ちです。死にたい。ちなみに、そのうち1人は1週間前にできました。前に書いたっけ。そしてとどめ。

 

「早く彼氏作りなよ〜♡」

 

成功者からのありがたいお言葉。作るってなんだよ、錬金術かよ。いや、作れたらとっくの昔に作ってる。作れないから今1人なんじゃん。

 

まあその気になればすぐですよ。まだその気になってないだけ。別にそんなにブスじゃないし、別にコミュ力が著しく低いわけでもない。まだその気になってないだけ。

 

とか言ってるけど実際彼氏が欲しいのは事実。なんだかんだその2人幸せそうだし、高校生は彼氏がいるというイメージもある。彼氏というのは半分自分のステータスでもある。現に今彼氏持ちの奴から小馬鹿にされている。そして鬼のように惚気を聞かされている。こっちは惚気る内容が無いから聞くだけだ。早く私の惚気も聞かせてやりたい。私も幸せになりたい。彼氏が、欲しい。

 

彼氏ができたら何をしよう。とりあえずプリクラは撮る。アホみたいに幸せそうな顔して距離感0のプリクラを。あと内容の無いラインをしたい。通話は苦手だからいいや。とにかく普通のことを幸せに感じられるような空気に染まりたい。バカにしているわけではない。羨んでいるんだ。もしかしたら心の何処かでバカにしているかもしれない。でも非リアのせめてもの抵抗とみて、優しく話しを聞いてやって欲しい。

 

人間というのはわがままなもので、一つの欲求が満たされると、また欲求が浮かび上がるものである。今の私もそうだ。少し病んでいたのから復活したら、今度は支えを必要としている。友達が彼氏という存在に取られてしまったのもある。取られてしまったというと、元の所有権がこっちにあったように聞こえるが。欲求というのは存在だけではない。昼食で腹が満たされれば、食後のデザートを欲する。新しい服を買えば、それに似合う靴を探す。整形もそうだ。目が大きくなれば、それに見合う鼻になりたくなる。本当にわがままだ。しかし、それが本能だ。

 

長ったらしく色々書いたが結局は「彼氏が欲しい」ということだ。ただ単純に私を幸せにしてくれるのなら、どんな人でも大歓迎だ。