JKブランド愛用者の声

10年後には黒歴史

お土産とお土産話

3年の引率で修学旅行に行っていた先生が帰ってきた。担任ではないが、授業は持っている。

 

「先生向こうでさ〜」「暑いね、あっちは」

 

いつもはすぐ始まる授業も思い出話で開始が遅れる。その話を延ばそうと珍しくクラス団結して質問を繰り返す。

 

「先生、お土産ないんですか〜?」

 

よくぞ聞いてくれた。ありがとう、Kくん。いつもは少し嫌な奴だと思ってたけど見直したよ。

 

「え?」

 

何そのキョトンとした顔。まさかだよね?え?こっちが聞きたいよ?修学旅行、有名観光地ですよね?可愛い可愛い生徒ですよ?

 

「これがお土産だよ、お土産話。」

 

 

「えーーーーー!!!!!!」

 

 

教室は阿鼻叫喚。あのお土産を出してもらうための努力虚しく空振りに終わった。

 

「なんだよ(笑)ほら、授業始めるぞ(笑)」

 

またいつもの日々に戻る。

まあいいけど、来年行くし…。

 

(ちなみに国語の先生は買ってきてくれました。ありがとうございます。)