JKブランド愛用者の声

10年後には黒歴史

愛の形、様々すぎ

1年で8人ぐらいに恋した女と、付き合うやつ全員クズのギャルと、イケメンの観点がずれてる私で、マックで鬼語り。正直メンツが異常すぎる。1人は舌ピ開いてるし、1人はいきなり寝だす。怖い。負のオーラ。

 

そして結局

 

 

ということにまとまりました。

 

可愛くなりたいし、世間もかっこよくなってほしい。みんなで笑顔になろうね…。

 

顔と一言で言っても、イケメンと好きな顔は違う。私にとってイケメンは菅田将暉、好きな顔は三四郎の小宮だ。雲泥の差。月とスッポン。菅田と小宮。でも私が愛しているのは小宮だ。(関係ないけど、最近の有線菅田将暉の曲ばっかりだよね)

 

Aちゃんは好きがどうしても隠し切れなくて、自分から告白してしまうタイプだ。年末に付き合った彼氏と2ヶ月足らずで別れていた。ビッチというわけではないが、常に好きな人がいる。純粋ピュアな可愛い子。年末の彼氏は数ヶ月間の友達関係から、サラッと恋人同士になった。付き合いはじめは幸せそうで、すごく微笑ましかったのだが、1ヶ月ぐらいから既に雲行きが怪しくて、友達全員で心配したのもいい思い出だ。そんなAちゃんは今も気になる子がいて、すごく楽しそうだった。私達友人の心配は唯一つ「またクズ」だけだ。

 

Bちゃんはバンドが好きなギャルだ。付き合う男は年上ばかり。数ヶ月持てば「続いたねー!」となるレベルだが、謎に彼氏が途切れない。今はバンドマンといい感じらしい。歴代の恋人は、本人によると「あんまり好きじゃなかった」ケースが多くて心配だ。そんな彼女のタイプは「クズ」。

 

そう!クズがモテる時代!

 

よく考えたら西野カナの対象となる男も若干のクズ。流行りがクズなんだ。世の中のクズは自信を持って出歩いてほしい。自信のあるクズはクズじゃないけど。

 

私のタイプもクズ。タイプっていうか、好きになってしまう人はクズばかりだ。

 

クズ、募集中!