JKブランド愛用者の声

10年後には黒歴史

趣味

私は多趣味だ。いろいろ書きたいから小出しにしていく。でもこれだけは言わせて、私、多趣味。

 

でも趣味が多いからいいってわけでもない。現に私は学校で同じ趣味の友達はほぼいない。別に趣味を共有したいとはあまり思わないが、全く話が合わないというのも少し寂しい。幸い私には話を良い意味で適当に聞いてくれる友人がいるが、もしこの友人がいなかったらどうなっていたんだろう。

SNSで発信する。②1人で没頭する。③趣味ではなくなる。

このどれかになっていたんではないかと思う。①のSNSは中学生の頃は少しやっていたが、ファン同士の馴れ合い的なのがどうしても苦手で、結局すぐアカウントを消した。②の没頭、これは私の趣味の一つは当てはまっている。だが、どうしてもさみしがり屋で人恋しくなる面倒くさい人間だ。趣味次第、といったところだろうか。③は最も悲しい結末だろう。まあそういう結果になるんならそこまで熱を入れてない可能性もあるが。

 

私の趣味にはファンがいるものがある。ファン同士でライブ前に会ったり、SNSで報告しあったり。そういう能力がある人を心底尊敬している。顔も知らないけど同じ趣味というだけで仲良くなり、それについて語り合ったりするなど、私がするとすればかなりの体力消費になる。そういうのは私だけなのか、皆体力をつけながらやっているのか。

ただ、ファンがきっかけで趣味そのものをやめた人を何人か見ている。特にいざこざがあったわけではないが、どうもファンが気に入らなくて自分に合わないと感じた、という理由が多い。まるでバイトみたいだ。そんな結末はやはり悲しい。

 

年頃の女なので趣味はどんどん増えていく。それを書き留めておこうかな。