JKブランド愛用者の声

10年後には黒歴史

気にしているようで気にしている

今日のタイトル、国語教師なら激怒するだろうな〜。なんか若い作詞家とかが書きそう。いい意味でね?

 

何をそんなに気にしているというと、アクセス解析である。1日に来た人などを数字で表してくれるらしい。なぜ「らしい」なのかは簡単である。ほぼアクセスされてないからだ。

 

有名人なら別にアクセス数など気にすることないだろう。一定数の読者は必ずいるのだから、何人に見られていようが下1桁単位で気にするほどの事でもない。

 

しかし私は有名になりたくてこのブログを始めた訳ではない。暇つぶしだ。別に有名になって、Twitterを始めて、自分の記事をまとめた本を出版しよう、などと思っていない。そんな話、一握りの人間のみに許された事だ。

最近のTwitterでは少し有名になるとすぐ本を出版する風習がある。これは私だけかもしれないが、そういう商売臭い事をし始めると一気にTwitterが面白くなくなる気がする。「顔も知らぬ一般人が面白い事、興味がある事を呟いている。」ということでフォローしているのである。その人の呟きが見たいだけなのに本を出されると、ちょっとあげてみた「#ootd」が好評でファッショニスタを気取る中の中の上の顔をした女、みたいで微妙な嫌悪感を抱く。そういう奴はすぐ英語喋る。1ヶ月に1度思い出したように愛犬の写真を載せる。別にその女も悪い訳ではないのだ。捻くれた私が捻くれた解釈をしているだけだ。その人が幸せならそれでいい。

 

何か目的があってこれを書いている訳ではない。ただ、友達に見られさえしなければ大丈夫だ。とりあえず、今日の記事は特定の誰かを批判しているわけではない。「#ootd」でも「#丁寧な暮らし」でも「2時間で5万稼げてワロタwww」でもなんでもいい。友達がTwitterで本を出したら連絡してほしい、買うから。

 

果たしてこのブログはどうなるんだろうか。